本文へスキップ

愛知県ソフトバレーボール連盟 名古屋支部

審判委員会Referees

審判委員会より

2017年度版 ソフトバレーボール競技規則の改・修正点(詳解)

公益財団法人日本バレーボール協会の2017年度版 ソフトバレーボール競技規則の改・修正 

平成29年度 審判委員よりお知らせ

平成26年度より審判の技術の向上、マナーの改善・定着、リーダーの活用を目標に掲げて研修会等を行ってきました。少しずつではありますが、向上していると思われます。
皆さんのご協力と努力があってのことと思います。支部審判委員として感謝しております。

以下、本年度の改・修正点です。
各項目については、支部総会時に各チーム代表の方へ配布済みです。総会内で説明もさせていただいております。
ご確認ください。

1 改正点
  改正点なし

2 修正点
(1) 
Ⅴ プレー上の動作と反則
4 ブロック
  〈オーバーネット〉に反則でない場合の図解を追加した。

(2)
Ⅱ 公式ハンドシグナル〈第2図 主審と副審の公式ハンドシグナル〉
1) フットフォルト⑮の適用事項を修正した。
2) タイムアウト㉒の要求したチームを示す腕を修正した。

(3)
1) Ⅴ プレー上の動作と反則1 (3) 3)・4)の末尾(フットフォルトの反則)を修正した。
2) 付則 審判員とその資格および公式ハンドシグナル
  Ⅰ 審判員とその主な責務の注解を修正した。

以上

 改正・修正点を含め、今後とも審判研修会に参加していただき、より一層の審判技術の向上を目指していただきたいと思っております。
ソフトバレーを楽しめるよう、ご協力をお願いします。

審判委員長 和田


愛知県ソフトバレーボール連盟 名古屋支部

inserted by FC2 system